くみた柑のオキラクニッキ

時々オキラク、時々マジメ。基本オキラクだけど、人生ってきっと厳しい。

昔の常識を覆す調理法が好き

料理は好きだけど、基本的にめんどくさがりなので、簡単で美味しく見栄えがするものが大好きなクミタです。
こんにちは。

手間を惜しまず、丁寧に時間をかけてする料理はプロにお任せし、外食で味わえばよいのです。
と割り切って、家ではとにかく「手抜き」「時短」を合言葉に頑張っています!
「手抜き」「時短」って料理においては、なんかちょっとネガティブよりな言葉たちだけど、言い換えれば効率的ってことだから最高な褒め言葉じゃない?

前置き長くなっちゃったので本題。

自分の中で当たり前だった調理法が「それでいいんだー!」って更新される瞬間が大好きです。時短になったり簡単になったり。

たとえば最近ではゆで卵。
卵が浸るくらいたっぷりのお湯を沸かしてそこそこな時間茹でる必要があると思っていたけど、お鍋に1cmのお水で茹でれることを最近知り、まさに
「それでよかったんだー!」となりました。
ゆで卵を作るハードルがめっちゃ下がるから、ゆで卵を使った料理を作るハードルも下がる!故にレパートリーが増える!

なべに1cmの水を入れ卵を投入。
沸騰したら蓋をして4分間茹でる。
火を止めて蓋をしたまま3分間放置で半熟。
冷水で冷やして殻をむく。

こんなちょっぴりの水で良い!

あっという間にお湯が沸くから、マジで時短!
この日はツナときゅうりのサラダに使った。

この卵は火を止めたあと6分くらい放置した。半熟加減はお好みで。

このゆで卵の時短方法はSNSに流れてきて偶然知ったけど、ある日ふと、自分の中の常識を疑ってみることもある。

たとえば、りんごの皮むき。
りんごを回しながら包丁でクルクルクルクル。一度も途切れずに剥けると気持ち良い。でも地味にめんどい。

ふと、「同じ皮むきなんだから、ピーラーでよくない?」と気付き、いやしかし、りんごの皮をピーラーで剥いてる人なんてみたことない、と思いながら剥いてみた。

やばいw 簡単w

個人的には、りんごの上と下をクルンと一周剥いてから、あとは縦方向に剥いていく方法が一番やりやすいかな。もう、好きに剥いちゃって♪
もちろん包丁の方が剥きやすいって人もいるだろうけど、私は断然ピーラーの方が楽だった。

玉ねぎのみじん切りも、縦に切り込みを入れたあと、包丁を寝かせて横にも切り込みを数回入れるって習ったでしょ?
それが、横に切り込みを入れる工程は、省いても変わらないということに最近気づき、これまた地味だけど自分の中の常識が覆った瞬間!
玉ねぎの構造上、この横の切込みの工程、いる~?って疑って気づきました。もしかしたら少し粗いみじん切りになっちゃうのかもしれないけど、私のみじん切り、そもそも粗いので……。

ちょっと話は逸れるけど、常識を覆す料理、っていう意味でリュウジさんのレシピが最高に好き。
たとえばこれとか。

youtu.be
「それでいいんだー!」
って調理法に、これからもたくさん出会いたい。

 

【関連note】

note.com

あれから半年

(「死」に関する少しだけ強い言葉があるので、辛い人は読まないでね)

 

私の敬愛するKANさんが他の星へ旅立ってから、昨日で半年ですって。
もう半年なのか、まだ半年なのか、それすらもよくわからない。
何もまだわからない。
ときどきツイッタXに戻ってきてくれますし。
案外KANさんはすぐ近くの星にいて、ちょくちょく帰ってきてくれてるんだと思います。

 

「人はニ度死ぬ」ってよく言いますよね。
一度目は肉体が滅びた時。二度目は皆の記憶から消えた時。

私の解釈はまたちょっと違って、毎日思い出しているうちは、その人はまだこの世からいなくなっていないと思うのです。
だってそれって、皆の心の中に生きているってことだもん。

KANさんの場合は違う星へ旅立っただけなのでまたちょっと話が違うんですけど。
でもKANさんがいなくなって半年経った今でも、仲の良かったアーティストさんたちはKANさんのことをたくさん話してくださるし、ツイッタXのKANさん関係のフォロワーさんたち、そんなにたくさんの人をフォローしているわけでもないのに、毎日のように誰かしら、何かしら、KANさんのことをお話してくれるもんね。
みんな、ありがとう♪

KANさんがこの星から旅立ったあと、一番恐れていたことは、誰もKANさんの話をしなくなること。
これが一番怖かった。
でも実際は、今でも毎日KANさんのことを思うツイートや、KANさんのかっこいいお写真が流れてきて、月命日にはシャンパンチャンス。
恐れることなんて何もなかった。
KANさんがこんなにも皆に愛されていることを確認する日々。
とても、とても幸せなことです。

人生最大の私の推しは、沢山の人に愛されている人。
KANさんに出会えて本当によかった。
そんな素数なKANさんを、これからも一生推していきます!

今は時々ツイッタXでしかお会いできないけれど、その寂しさをKANさんファンのみなさんが埋めてくれるから。
これからもずっとずっと、KANさんのことを思う日々、思い続けることができる日々に感謝して生きていきます。

連載にチャレンジしてみたい

私は何作か小説を出版していますが、何度も推敲して、めちゃめちゃ読み直して、アホほど加筆修正を繰り返してから出版しています。

というか、そこまでして、やっと人様に読んでもらえるものになると思っています。
なので、連載というものは、興味はあるけど、長いこと自分には無理だと思っていました。

「自分には無理」

やる前から諦めんなよ!

と、いうことで、これからは「自分には無理」と思って諦めていた、あれやこれやにチャレンジしていきたいと思っています。
失敗すれば、そこから学ぶことがあるだろうし、やってみたい気持ちがあるのだからやってみます!
やってみて、向いてないなと思ったら、連載には向いてないということがわかりますよね。やってみなきゃわからない!失敗を恐れるな!

なんて大きなこと言ってますけど、こうやってどこかに書いて、自分で自分を追い込んでいかないと、絶対怖くて逃げちゃうんでね。

ベストセラーのなろう作家さんが「なろう投稿作は下書きだと思え」とおっしゃっていたという情報をきき、勇気をもらいました!
とにかくやってみます!

短編集の執筆をしていたときにボツになった話があるんですけど、それを久しぶりに読み直したらいい感じに内容忘れてて楽しく読めたので、お、これ少しなおしたらいけるじゃん?と思いました。

だいぶ寝かせたおかげで、たしかにこのままじゃよくわからんからボツになって当たり前だな、と冷静に分析することができました。
やっぱ原稿を寝かせるって大切ね!

私は内容知ってるけど、何も知らない読者が読んだら「さっぱりわからない」って感じで終わってました。終わり方も唐突~!

ってことで、ちょっと直して連載にするつもりが、加筆していたら新しい設定をどんどん思いついちゃったので予定より長い話になりそうです。

 

連載って、どの段階で始めるのだろう?と先日ふと疑問に思い、なんとなく皆様にきいてみました。

なるほど~。
連載は続けていくものだから、ある程度のストックがある方が安心できるのかな、と思いました。
即興で書ける人はきっと連載に強いですよね。
私には無理だけど!(この無理はほんとに無理なやつ!できないものはできない!)

ということで、初稿が完成したら連載を始めようと思います。
ここにそう宣言してしまえばもう、やるしかない!
そして連載を始めるにはタイトルですよ奥さん!
(仮)のままだった!早急にきちんとしたタイトルを考えねば!

連載は、noteか、カクヨムか、なろうで考えてます。
さすがに全部ではじめると、修正があった場合大変になるだろうから、まずはどこかひとつの場所で。どこがいいかな。内容的に、カクヨムがあってるような気がするのですが……まだ悩んでおきます。

 

創作の進捗は、いくつかプロットを同時進行している段階で、思いついたものからプロットにエピソードを足していく、ということをしているので、全てが中途半端!
この短編を入れると、現在3つの物語をこねくりまわしています。
(ひとつはハイファンタジーなので、終わる気配がない……)

あと他に、イラスト関係でもやってみたいことがあるので、なんかもうとっ散らかってるよね!全てが中途半端だよぉ!
とにかくやりたいこと、やれることからどんどん手をつけていきます!

 

▼出版している小説はこちらから!
 全てKindle Unlimited読み放題対象だよ♪

amzn.to

なりたい自分になるために

少し前に、長い人生の中で積み重ねてきたものがひっくり返るような出来事があった。
精神的にボロボロになったけれど、その件をきっかけに気持ちに大きな変化が訪れた。
大嫌いな自分を少しでも好きになれるように、過去の自分と向き合い、自分を変える努力をしていたときに起こった出来事なので、結果的に私にとってそれは、大きく前進するきっかけとなった。

情けない自分と向き合う作業は辛かったけれど、逃げずに立ち向かったからこそ勇気を出すことができたし、ボロボロになってもまた前を向こうというポジティブな気持ちが湧いてきたのだと思う。
自分を大切にすることができれば、何度だって這い上がれる。

ご飯も食べれず、好きな創作もできず、涙ばかり流れて笑顔すら作ることが難しかった。自分でもこれはまずいと思えるほど弱ってしまったけれど、私にとって必要な体験だったのだと思う。
ものは考えようだね。

他人軸で生きてきた私は、これまで自分より他人を優先し、いつも自分を後回しにして自分を大切にすることを怠ってきた。
自分のことを考える余裕もなかったし、自分さえ我慢すれば全てうまくいく、というかそうするしか選択肢がないと思っていた。
視野も狭かったし、知識も足りなかった。
どうしてこんな人間になってしまったのだろう、と考えたとき、それは小さい頃に植え付けられていた呪いのようなものと、いつの間にか洗脳のように少しずつ蓄積してきたものがあることに気づいた。
原因がわかれば対応ができる。なりたい自分になる努力だってできる。

周りが幸せになってからでないと自分の幸せはないと思っていた。
でも、自分も幸せになりながら、周りも幸せにしていけばいいのだと気付いた。
まだ必死に変わろうとしている最中なのだけれど、少しずつ変わってきていることを実感している。

私の目標は、最期に「楽しい人生だった」と笑顔で幕を閉じることだ。

崩壊スターレイルのコンサートが調和セレモニーだった件!

昨晩のターレイルLIVE2024が最高すぎて最高だった!!!
ホヨバ、お金のかけ方が尋常じゃない!
音楽と、映像と、演出が、一体となって……五感を刺激……ああ……あああああ……
(語彙喪失)

えっこれ無料で観ていいんですかほんとですか!?
終了後に、皆さんそれぞれ好きなシーンをツイッタXにアップしてくださってたので自分用に保存しといていいですか?ごめんなさいごめんなさい!ありがとうございます!

 

飲月君の曲、マジで鳥肌!!!
この登場の仕方、反則でしょう!

 

あああもうホタルちゃんが!ホタルちゃんが!!
名シーンが蘇る!

 

ロビンちゃん実装楽しみ!

 

めっちゃ熱かったカカリア戦思い出すね!!

 

幻朧戦のBGMも大好きでアホほど聴きまくったよなぁ。

 

 

サムは中の人を知ってしまってから、もう可愛さしかないw

 

 

 

 

いやちょっともう、まだ興奮してる。
今日、これからもっかい観るんだ!
みんなもよければ一緒に♪
何度も言うけど、無料で視聴できるよ!

www.youtube.com

無理せずやっていこう

最近とても眠くてだるい。
気温が上がってきたせいもあるかもしれないけれど、無理せずゆるゆるやっていこう。
更年期も気になるお年頃。
姉はそういうの全然なかったみたいだから、私もなければいいな。
ここ最近は身体の不調がちょこちょこと目立っているから気をつけたい。

生理がきたんだけど、出血量少ないのに生理痛が強い。
このだるさは生理のせい?
ここんとこ生理不順もあるし、なんか変。

痛くったってだるくったって頼れる人が身近にいないのでがんばるしかない!
やりたいこともあるし、時間は限られているので、毎日続けていた日記は、書けるときに無理なく書いて、少しでも創作の方に回していきたいな。
このバランスがとても難しい。
毎日日記を書くことも、物書きの筋トレにはなっていると思うから。

【読書感想文】台所に人生がある

たまたまツイッタXに流れてきて知ったエッセイ本。

「キッチン」ではなく「台所」という言葉をチョイスしているところも、惹かれた要因だと思う。
なので、普段文章にするときは「キッチン」と表記するけれど、今回は「台所」で書き進めていく。

生きていくためには食べる必要がある。どんな状況におかれても、人は生きるために台所に立ち、料理を作るのだ。
だからこそ台所には、その人のドラマがあり、人生が詰まっている。
心が温まるお話もあれば、ほろりと涙が流れるお話もあった。

読みながら気づいたけれど、どうやらこの本はシリーズの何冊めからしく、以前取材したお宅に再訪問しているお話もあった。
長い時間を経ると、同じ台所でも、また違った物語が生まれている。

一日三食作っていると、台所に立つ時間は長くなる。
私が毎日立つ台所にはどんな物語があるのだろう。
昔は幸せな場所だったけれど、使いにくかったあの頃よりも、使い勝手が何倍も良くなったはずの台所は、少し前に息苦しい場所になってしまった。

けれど、気の持ちようで、とても楽しく幸せな場所になることも知っている。
いまはその途中。
私にとっての台所の物語は、その時によって少しずつ変化している。
それは私の人生と同じで。
なるほど、やはり人生とは台所から見えてくるのかもしれない。